top of page

これじゃ貯まらない。。夫婦別会計の闇

更新日:1月18日

今日のお話は結婚しても「夫婦別財布」が続いてしまって、結局バラバラな家計になってしまっている家庭が多くて、、、、意外と、、、これが問題なんです。


夫婦の会計がバラバラだと、

「合計いくらの収入があるのか」「預貯金がいくらるのか」

がわからないので、とにかく不安になります。


そして、相手のことがわからないと「自分の事しか考えていない」と感じ相手に対して不信感もわいてきます。

すると、、、お金が原因で喧嘩、、離婚なんてこともありえます。


今日の記事を読んでいただくだけで、

「夫婦でどうお金と向き合うべきか」という本質的な視点が身に付くので、

ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。



 

そもそも夫婦別会計とはなぜおこるのでしょうか?


独身だった二人が、それぞれが働いていて、結婚しても「独身」だったころの習慣を継続していることが原因です。

実際の夫婦共働きの人数はどんどん増えていますよね。


下の図を見ると、2021年は、共働き世帯が1247万世帯、専業主婦世帯が566万世帯です。90年代のバブルが崩壊したあたりから逆転していますね。



夫婦共働きは、方働きよりも、収入UPになるので良いのですが

結構困るケースはこんな感じ、、、


それぞれが収入があり ダブルインカム状態 結構贅沢になる

↓そのまま、子供ができる 家も手狭に→ひろくしたい、老後のお金は不安

↓このままじゃダメなんだけど、奥さんは一時的に収入減る=子育て忙しい

↓旦那か子が生まれてもかわらない=支出が多いまま 

↓奥さんのストレスがめっちゃたまる「でも言えない」 

(自分の収入が少なくて、夫に多く入れてもらっている引け目も感じる)

↓夫は貯蓄してなかったりする

↓教育費など「子にかかるお金」の不安で妻のストレスがピークに

↓喧嘩

↓仲が悪くなる 

↓大喧嘩  

↓会話がなくなる 

↓離婚


ねー、ありそうじゃないですか?実際にあります。



結婚したあとの財産は夫婦共有財産


この別会計は、根本的な「結婚」の概念からも実は離れていると思っています。


というのも、

「結婚している間に夫婦で作った財産は、どちらの名義であるかにかかわらず、

原則として、夫婦の共有財産」になります。


もし離婚するとなったら、

「基本的には折半」になります。

※例外もあります。


こう考えると、「私のお金」「あなたのお金」という、You&Iではく、

「私たち」というWeで考えた方が良いと言うことになりますね。



夫婦別会計で問題を感じているかチェックしよう


夫婦別会計チェックシート

✅ 老後、住宅などの将来の費用を考えず、あるだけ使っている

  =独身気分で、パリピな生活 が続いている

✅ 夫や、妻の収入がわからない

✅ 一家でいくらの資産がわからない

✅ 相手にお金のことであれこれ言われたくないので、お互いに知らない方が良い

✅ 1年で合計いくら貯蓄できているのかわからない

✅ 老後の生活はどうしていきたいか、夫婦の目線がそろっていない

✅ 実は、子育てが終わったら離婚したいので自分だけの貯蓄をしている

✅ 自分の財産は、自分が稼いだお金なので、相手には伝えたくない

✅ 秘密の趣味があって、相手にはバレたくない

✅ 将来のこと、保険のこと、お金のことを話したいが、相手が嫌がる


3つ以上当てはまったら、黄色信号です。


チェックシートのスプレッドシートは、「YouTubeのコミュニティ欄」にあるので、

チャンネル登録をして、よかったら使ってみてください。

https://www.youtube.com/@FPyoshio3



ケーススタディ 家計管理の例


では、具体的な夫婦の家計管理の例と、問題点をみていきたいと思います。


ケース1)完全別会計で、役割分担している

家賃は夫、

光熱費は夫、

食費や日用品は妻

子供の塾は夫

子供の教育費(学校の費用など)は妻

趣味・娯楽 それぞれ 

通信費は、それぞれ

衣服美容はそれぞれ

医療費 それぞれ

保険 それぞれ

家族で旅行に行く場合 夫が出すがやや不満気


みたいな感じです。


一見、役割分担ができているようなのですが、色々と問題があります。


涙)妻は食費や、日用品など変動費が多いので、インフレの影響をもろに受けるが言えない

涙)夫は、家の大きな支出は出しているので「出している感」がある

涙)それぞれがいくら払っているかはわからない

涙)大きな出費がある度に、お互いの懐事情を探り合ってしまう

涙)保険も不安だから「必要以上に入りすぎる」

などです。


また、出産・育児などのタイミングでも、

「産休・育休」の支給の中からなんとか別会計を