top of page

正しい自動車保険の入り方

みなさんこんにちは


FPよしおさんこと、ファイナンシャルプランナーの秋山よしおです。

今回は自動車保険の正しい入りかたについて解説していきたいと思います。


自動車保険は自動車を購入するなら必ず入っておくべき保険ですが、余計な特約や不要な条件をつけてしまうと非常に高額になります。

何人もの家計相談にのってきましたが、本当に多くの人が、年間の保険料を3万円や5万円は余計に高く払っていたりします。


保険は「万が一」のことに備えるものですが、その万が一の可能性をあれこれと考えだすと、ついつい余計な特約やオプションにはいってしまうもの。しかも、プロに相談しようにも、保険会社や代理店の人は多くの保険にはいってもらう為についつい不安を煽ってしまうので、自動車保険の正しい入り方を教わるのは困難です。


正しい自動車保険の入り方について、徹底的に中立公平の立場からお話をしていきますので、この記事を読むことで、誰でも必要十分な補償を、コスパ良く入ることができるようになるでしょう。



保険に加入する、または、保険の見直しをする場合に必要なステップは以下の3つです。


1)必要な保険を理解する
2)必要な特約、不要な特約を理解する
3)保険会社を比べて比較する

いきなり保険会社から比べていってしまう人がいますが、特約の条件や名称が違っていたりすると、同条件で保険会社を比較することができなくなります。まず、自分に必要な補償がなんであるかを理解して、できるだけ同条件で保険会社を比較していきましょう。



1)必要な保険を理解する


自動車保険で必要なことは、

・人をひいて、死傷させてしまった場合の補償

・自動車で物を壊してしまった場合の補償

です。


保険の本質は、「万が一の事故が起こったら、自分の力では対応できないようなリスクに備えるもの」です。例えば、自動車事故を起こし、人をひいて相手が死んだ場合、億単位の損害賠償請求をされてもおかしくありません。

また、電信柱に衝突して修理にかかる費用を負担しなければならない場合や、周囲の電気が止まって損害賠償請求をされた場合も、数千万円の請求がくるかもしれません。


このような、事故により人生を狂わすような金額を補償するために、保険があります。

逆に言えば、事故によりちょっと車のボディに傷がついたといった場合は、保険で備える必要はありません。どうしても傷が嫌だったら修理費用を払えばよいだけですし、お金を払いたくなければ傷はそのままにしておけば良いのです。どちらを選択しても、人生を狂わすようなリスクではありませんね。


自賠責保険と任意の自動車保険