top of page

正しい自動車保険の入り方

みなさんこんにちは


FPよしおさんこと、ファイナンシャルプランナーの秋山よしおです。

今回は自動車保険の正しい入りかたについて解説していきたいと思います。


自動車保険は自動車を購入するなら必ず入っておくべき保険ですが、余計な特約や不要な条件をつけてしまうと非常に高額になります。

何人もの家計相談にのってきましたが、本当に多くの人が、年間の保険料を3万円や5万円は余計に高く払っていたりします。


保険は「万が一」のことに備えるものですが、その万が一の可能性をあれこれと考えだすと、ついつい余計な特約やオプションにはいってしまうもの。しかも、プロに相談しようにも、保険会社や代理店の人は多くの保険にはいってもらう為についつい不安を煽ってしまうので、自動車保険の正しい入り方を教わるのは困難です。


正しい自動車保険の入り方について、徹底的に中立公平の立場からお話をしていきますので、この記事を読むことで、誰でも必要十分な補償を、コスパ良く入ることができるようになるでしょう。



保険に加入する、または、保険の見直しをする場合に必要なステップは以下の3つです。


1)必要な保険を理解する
2)必要な特約、不要な特約を理解する
3)保険会社を比べて比較する

いきなり保険会社から比べていってしまう人がいますが、特約の条件や名称が違っていたりすると、同条件で保険会社を比較することができなくなります。まず、自分に必要な補償がなんであるかを理解して、できるだけ同条件で保険会社を比較していきましょう。



1)必要な保険を理解する


自動車保険で必要なことは、

・人をひいて、死傷させてしまった場合の補償

・自動車で物を壊してしまった場合の補償

です。


保険の本質は、「万が一の事故が起こったら、自分の力では対応できないようなリスクに備えるもの」です。例えば、自動車事故を起こし、人をひいて相手が死んだ場合、億単位の損害賠償請求をされてもおかしくありません。

また、電信柱に衝突して修理にかかる費用を負担しなければならない場合や、周囲の電気が止まって損害賠償請求をされた場合も、数千万円の請求がくるかもしれません。


このような、事故により人生を狂わすような金額を補償するために、保険があります。

逆に言えば、事故によりちょっと車のボディに傷がついたといった場合は、保険で備える必要はありません。どうしても傷が嫌だったら修理費用を払えばよいだけですし、お金を払いたくなければ傷はそのままにしておけば良いのです。どちらを選択しても、人生を狂わすようなリスクではありませんね。


自賠責保険と任意の自動車保険


自動車を購入すると、自賠責保険〈自動車損害賠償責任保険〉というものに強制的に加入します。また車検を通す時にも自賠責保険にはいっていなければなりません。

この自賠責保険は、対人事故の時に、被害にあわれた方へ賠償金を支払うものです。

※対物は補償の対象外


【自賠責保険】

死亡による損害 最高3,000万円

後遺障害による損害 最高4,000万円

傷害による損害 最高120万円


万が一の時は最低限の自賠責保険があるにしても、この補償額だけでは少し心許ないですね。ここで、足りない補償を補うために任意の自動車保険があります。


【任意の自動車保険】

自動車保険は、対人事故が起こった場合、自賠責保険だけでは足りない部分を補償します。電信柱を壊したなどの対物事故の賠償損害や、自動車を運転する自分自身のケガや自動車自体の損害も保険の対象になっています。


自動車保険には車を運転するなら誰しも加入すべきですが、保険の本質が、「万が一の事故が起こったら、自分の力では対応できないようなリスクに備えるもの」であるなら、自分自身の怪我や、運転している自動車の損害は保険で備える必要はないかもしれません。あとで詳しくお話していきます。


この自動車保険で必要になってくるのが、

対人賠償保険:無制限

対物賠償保険:無制限

です。自動車保険は、極論を言えばこの二つだけ押さえておけば、後は必要ありません。


【対人賠償保険】

対人賠償は、運転する車で人を轢いてしまったり、自動車どうしの事故で相手が死傷してしまった場合の損害賠償に対応する保険です。

この補償額が「無制限」である必要があるのかですが、交通事故の高額賠償判決では、5億円を超えるような損害賠償額が認定されたケースもあるようです。人の生命に値段が変わるのはおかしな話でもありますが、お医者さんが事故で亡くなったりすれば数億円の賠償請求は当たり前にあり、有望な若者が事故で半身麻痺の後遺障害が残ったケースなども非常に高額になることがあります。

なので、万が一に備えて補償額は1億、2億円などと上限をもうけずに「無制限」にしておくべきでしょう。


【対物賠償請求】

対物賠償は、自動車事故によって他人の財物に損害を与えてしまい損害賠償をしなければいけない場合の保険です。


・運転を誤って、ガードレールにつっこみ、倒壊させてしまった。
・スーパーで駐車してドアをあけたら隣の車にぶつかり凹ませてしまった。
・バックで車庫入れをしたらなぜかアクセルが入り壁にぶつかった。

対物賠償の場合は、壊したものの修理費だけを考えればそれほど高額にならないと考えがちですが、破損したものだけでなく、営業損失や事故から生じた間接的な損害も含めて算出されるので注意が必要です。例えば運転を誤って店舗に衝突し、店舗が営業できなくなっただけでなく、店舗から運ぶ予定のものが輸送できずに被害が広がった場合の営業損失などです。直接損害だけでなく、間接損害も計算されることを考えて、こちらも補償額は「無制限」にしておきましょう。




【保険等級】

 自動車保険にはノンフリート等級というものがあります。「ノンフリート」とは自動車が9台以下の場合という意味です。一般的に車を保有している方は9台以下だと思いますのでノンフリートの対象になる方が多いです。名称が特殊なので身構えてしまいますが、ノンフリートという割引がうけられている前提で等級が決まっているという意味になるだけなので名称の意味は特に考えなくて良いです。この等級が高くなればなるほど、事故を起こす確率が低いとされ保険料が少なくなります。はじめは6等級からスタートし、1年無事故で過ごすごとに7等級、8等級と年々1等級アップしていきます。事故を起こして保険を使うと3等級マイナスになります。


 3年契約など、長期契約の場合は、事故をおこして保険を利用しても契約期間中は等級があがることはありません。契約満期を迎えた時に3等級が下がることになります。また3年契約をしても、途中で自動車に乗るのを辞めたとか、違う車に乗り換えたなどの場合は途中解約が可能です。その場合は、未利用期間の保険料は戻ってきます。ただ残念な話ですが、この3年契約などの長期契約は、「ネット型損保には無い」ので店舗型の大手損保に限られています。ネット型で自動車保険を選ぶ方は1年更新になるので、3年更新の話は忘れていただければと思います。※くれぐれも、長期契約したいから代理店型の保険を選ぶのはやめてくださいね(笑)


【運転者の範囲の設定(運転者限定条件)】

 保険の対象にする自動車の運転を、誰が運転するのか、誰を補償の対象にするのかを選ばなければなりません。

 ・本人限定

 ・本人/配偶者限定

 ・家族限定

 ・限定なし


 例えば、子どもが小学生で、夫婦が運転をする場合であれば「夫婦限定」

夫が45歳、妻が40歳、子が18歳で3人で運転する可能性があれば「家族限定」になります。また、ゴルフ仲間の友人が運転を交代する可能性が高ければ「限定なし」を選ぶことになります。対象範囲が広がればその分保険料は高くなります。

 

【保険の対象年齢(年齢条件)】

 自動車事故は、10代が一番起こしやすいと言われています。年齢が高くなるにつれて、無謀な運転をすることも減り、事故率はすくなくなってきます。一方、60歳をこえてくると、身体的な衰えから事故率は上がってきます。当然自動車保険の保険料は事故率が高くなればあがることになります。

年齢条件の区分は保険会社によってことなりますが、一般的には以下の年齢で区切られています。


 全年齢補償 
 21歳
 26歳
 30歳
 35

30歳以上の区分が無い保険会社もあります。


この年齢条件のカバー範囲は、同居する家族のうち自動車を運転する人の年齢を決めるためのものです。例えば、運転者限定条件で「限定なし」を選んでいて、年齢条件が30歳以上を選んでいた場合に、25歳の会社の部下が運転をして事故があった場合でもしっかり補償はおります。もし、「家族以外で若い子も運転する可能性があるから、、、全年齢補償にしよう」とかを考えている場合は無駄に高い保険にはいることになるので注意しましょう。


⭐️保険を安くするポイント

例えば29歳で自動車保険に加入し、加入期間中に30歳になった場合は、

30歳を超えたタイミングで保険会社に連絡をしましょう。30歳以上で保険料が安くなるので、保険会社は日割りで計算して差額分を返還してくれます。


【被保険自動車の形式】

年代、軽自動車・大型車、自動運転サポートの有無、など排気量や車種によって保険料はことなります。


【免許証の色】

ゴールド、ブルー、グリーンの中から免許証の色を申請します。無事故無違反のゴールド免許が当然一番安くなります。